仕事

仕事を辞めたいなら誰に相談するべき?相談してはいけない人がいるって本当?

仕事を辞めるかどうかで悩んでいる人の中には、
「本当に今辞めていいのだろうか」
と悩んでいる人もいるでしょう。

確かに、自分だけの考えではなく、他人に助言やアドバイスを貰うことは非常に大切です。
とはいえ、話す人は慎重に選んでいくべきです。

この記事を見ることで、今の気持ちを誰に伝えるべき、誰に伝えるべきでないのかがわかってくると思いますので、是非最後まで見ていってください。

仕事をどうしても辞めたい時は誰に言うべき?

まずは、
「今すぐ退職したい」
と思った時にまず思いを伝えるべき人は誰なのか、詳しく解説していきます。

家族

家族というのは、どんな時でも自分の味方です。
場合によっては、
「せっかく就職したのに」
「もう少し頑張ってみたら?」
といわれることもあるでしょう。

仮にこのようなことを言われた場合でも、自分の気持ちをしっかりと伝えれば、
「そんなに辛いなら他を探そう」
と言ってくれるはずです。

友人

心を許せる友人に話をしてみることで、第三者の意見を聞くことができ、今後の身の振り方を冷静に判断できるようになるでしょう。

その際に、間違っても、社内の友人を選んではいけません。
なぜなら、その相手が周りに言いふらした場合、変な噂が流れてしまったり、会社が自分を辞めさせまいと対策を練ってきたりする場合があるのです。

知り合いの先輩

自分より年齢が上であれば、当然自分よりも多くの経験をしてきています。
過去に、その先輩も会社を辞めようと思ったことがあるかもしれません。
この場合は、自分の経験から、様々なことをアドバイスしてくれるはずです。

とはいえ、先輩の中にはあまり考えていない人や、適当な人もいますので、信頼できる先輩に助言やアドバイスを求める必要があります。

仕事をどうしても辞めたい時に相談すべきでない人

今紹介した人に助言やアドバイスを求めることで、今後どうしていけばいいのかを見つけられる場合があります。
ただし、これから紹介する人に相談をしてしまうと、後々後悔してしまう可能性があるのです。

上司

中には、
「真っ先に上司に言うべきじゃない?」
と考える人もいるでしょう。

確かに、本当に気を許せて、付き合いが長い上司の場合は、伝えてみてもいいでしょう。
ただ、うわべだけの付き合いになっている場合や、ビジネス上の関係なのであれば、会社を自分の気持ちが固まるまで、伝えるべきではありません。
理由は、後ほど詳しく解説します。

同僚

上司同様、本当に心を許せる、あるいは信頼できる人でない場合は、気持ちを伝えるではありません。
この理由についても、次の項目で詳しく解説していきます。

なぜ会社内の人間には黙っておくべきなの?

先ほどの解説を見て、
「何で自分と一緒に働いている人には言わない方がいいの?」
と思った人もいるでしょう。

ただ、これには明確な理由が存在するのです。

それでは、会社内の人間に、
「辞めたい」
という相談をしてはいけない理由について、詳しく解説していきます。

言いくるめられる可能性が高いから

まずは、うまく言いくるめられる可能性が高いからです。
人手不足の会社というのは、一人でも多くの人材を確保しておきたいと考えます。
つまり、退職者をできるだけ引き留めるように上から言われている可能性があるのです。

そのため、自分の気持ちを伝えたところで、
「でもうちの会社には君が必要だよ」
「もう一回考え直してほしい」
と強く説得されてしまう事も考えられます。

もちろん引き留めてくるということは、自分を必要としているということですので、悪い気はしませんよね。

しかし、
「他のことに挑戦してみたい」
「叶えたい夢がある」
という理由で退職をしたいと思っている場合、仮に言いくるめられてしまうと、自分の夢から遠ざかってしまう可能性があるのです。

社内で噂になる可能性が高いから

同僚などに相談をしない方が良い理由は、社内で噂になる可能性が高いからです。
本当に信用している同僚であれば、他言しないでいてくれる場合もあります。

しかし、全員が全員、口が堅いとは言い切れません。
中には、そのような噂を流して面白がる人もいるため、基本的には同僚に相談をしない方が良いのです。

また、あまり気の知れた同僚でない場合、仮に熱く思いを伝えたところで、
「どうでもいい」
と思われてしまえば、
「ふーん」
「そっか」
「いいんじゃない」
で片付けられてしまいます。

そのため、ヒントになるような助言やアドバイスが得られないことも多いのです。

まとめ

仕事を辞めるのは、個人の自由です。
しかし、自分の考えだけで辞めてしまうと、後々後悔してしまうことがあります。

とはいえ、誰彼構わず相談をしてしまった場合、
・言いふらされる
・言いくるめられる
・役に立つアドバイスがもらえない
という事態に陥ってしまう可能性があるのです。

このようなことを未然防ぐためにも、気持ちを伝える相手は選んでいきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA