仕事

仕事を辞めたいのに言えない・・・こんな状況を打開するための方法とは

仕事を辞めたいのに、中々言い出せないと悩んでいる人は多いでしょう。
確かに、辞めると伝えるのは勇気がいりますが、早めに伝えることができないと、ずるずると時間だけが過ぎていってしまいます。

そうなると、転職をするタイミングも失ってしまいますし、転職適齢期を過ぎてしまう可能性もあります。
そこでこの記事では、仕事を辞めたいと思っている人が取るべき対処法について、詳しく解説していきます。

仕事を辞めたいのに中々言い出せないとどうなる?

では、仕事を辞めたいのに中々言い出せないと一体どうなってしまうのか、ということについて詳しく見ていきましょう。

ずるずる仕事を続ける羽目になる

自分の思いを伝えることができないと、当然退職に向けて話を進めていくこともできませんので、ずるずるその仕事を続ける羽目になります。
「いつか言おう」
この状態がしばらく続くと、どんどん伝えるチャンスを失ってしまい、自分の首を絞めることになるのです。

また、この状態になると、冒頭でも解説したように転職のタイミングや適齢期を逃してしまうことにも繋がるため、後悔してしまう可能性があります。

仕事を楽しめない

仕事を辞めたいという気持ちを隠して仕事をしていると、当然楽しむことができません。
仕事は、1から10まで楽しむということは難しいかもしれませんが、一部でも楽しみを見つけることができなければ、モチベーションを維持できなくなってしまうため、どんどん嫌になってしまうのです。

ミスを連発する

「言いたいのに言えない」
というモヤモヤした気持ちを抱えたまま仕事をすると、ミスを連発するようになります。

なぜなら、仕事に集中することができないからです。
そして、ミスを連発すると、より仕事を辞めたいと感じるようになり、大きなストレスを抱えてしまう事になるのです。

仕事を辞めたいのに言えない場合の対処法

では、仕事を辞めたいのに言えない場合は、一体どのように対処していけばいいのでしょうか。

本当に辞めたいと思っているのかを考える

まずは本当に辞めたいと思っているのかを考えることが大切です。
どのような人でも、
「仕事を辞めようかな」
と感じることはあります。

しかし、それが衝動的な物なのか、本心なのかということを自分の胸に手を当てて考えることが大切になります。
仮に、本心かどうかわからずに退職をしてしまうと、
「やっぱり前の会社が良かったな」
という状態になり、転職をしたとしても後悔してしまう事になるのです。

仕事を辞めたいと思っている理由は何なのかを考える

そして、
「なぜ仕事を辞めたいと思っているのか」
ということを考えることも大切です。
中には、
「なんとなく嫌だから」
という理由で退職を検討している人もいますが、このような考えで会社を辞めると後悔します。

なぜなら、転職をしたとしても根本的な問題解決にはならないからです。
この場合、転職をしてしばらく経ったら、
「なんとなくこの仕事嫌だな」
と思うようになってしまうでしょう。

退職代行を使う

どうしても自分の気持ちを言えない場合は、退職代行というサービスを使ってみることもおすすめです。
退職代行というのは、退職に関わる交渉や手続きを代行してくれるサービスのことです。
このサービスを使えば、自分は退職の手続きが終わるまで自宅待機していればいいだけですので、職場の人と会わずに退職をすることができるのです。

仕事を辞めたいという悩みは仕事を辞めないで解決することもできる?

ここまでは、退職したいと気持ちを伝える方法や、退職をする方法について解説してきました。
ただ、仕事を辞めたいという気持ちは、仕事を辞めずに解決することができる場合もあるのです。

部署異動

まずは、部署異動です。
どうしても仕事が嫌なのであれば、上司に他部署への異動をお願いしてみましょう。
理解がある上司であれば、自分の希望を最優先してくれるでしょう。

ただ、部署異動というのは、すぐに行えることではないため、ある程度時間がかかってしまうことが予想されます。
その間は、自分の心と体に鞭を打って、その部署で頑張るしかありません。

自分で楽しみを見出す

そして、自分で楽しみを見出すということもおすすめです。
仕事を辞めたいと思っている人の中には、
「会社が楽しみを与えてくれる」
「仕事がやる気を引き出してくれる」
と思っている人がいます。

しかし、仕事のモチベーションややる気というのは、自分自身の考え方次第でどうにでもなるのです。
そのため、

  • ゴールを設定する
  • ご褒美を設定する

などして、自分で楽しみを作り上げることも大切です。

まとめ

仕事を辞めたいという気持ちを中々伝えられない、と悩んでいる人は多いです。
ただ、その間にも時間はどんどん過ぎていきますので、転職のタイミングを逃してしまったり、転職適齢期を過ぎてしまったりする可能性もあるのです。

そのため、今回紹介した対処法を有効活用して、自分の気持ちを上手に伝えていくことをおすすめします。

また、仕事を辞めたいという気持ちは、仕事を辞めずに解決できる場合がありますので、感情的になって会社を辞めるのではなく、まずは会社を辞めずに悩みを解決できないかどうか確かめてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA