仕事

メールを開かない勇気

はじめに

  • 仕事から帰ってきたのに上司から着信が…。
  • 休日なのにメールで仕事の依頼をされた。
  • 休みなのに仕事のことばかり考えてモヤモヤする。

こんな経験はありませんか?きっと一度はあるはず!

今も悩んでいる方もいるはず。

そんな方へ、私なりの対応策をお教えします。

なんでモヤモヤしてしまうの?

今、働き改革やリモートワークを対応する会社が増えてきました。

社用携帯やPCが配布され、外出先や自宅など、場所を問わず仕事ができるようになってきています。

クライアントからの電話はもちろん、メールもすぐに確認できます。どこにいてもスムーズな対応が出来てとても便利です。

しかしながら、便利な反面、仕事の時間外に電話が来て仕事をお願いされたり、メールを開く事によって、新たなタスクが発生します。

仕事が好きな人や切り替えが得意な人なら、問題ないですが、仕事を依頼される事により、仕事の進め方や課題、仕事の割り振り等を考え込んでしまい、自分の時間を楽しめなくなってしまう方も多いと思います。

要は自分時間に仕事のことを考えこんでしまうことが原因です。

私も建築業界で働いていた頃は、夜勤の現場もあったので、365日24時間電話やメールが来ていました。
その頃は、携帯電話の着信恐怖症になっていていたと思います。
休日中も仕事のことを考えていて、お出かけしても、友人と遊んでいても、ゲームをしていてもいつもモヤモヤして過ごしていました。

業務時間外にタスクを減らす方法ってあるの?

タスクそのものを減らす方法はありません。

ただし、業務時間外に発生するタスクを減らす方法はあります。

  • 業務時間外は対応する電話を厳選する!
  • 業務時間外はメールを見ない!

一つずつ解説します。

業務時間外は対応する電話を厳選する!

電話は素早く要件を伝えられるし、相手の温度も伝わってくるため、電話はとても大切なツールの一つです。そのため、電話を多用する方も多いでしょう。

中にはメールを作るのに時間がかかるし、面倒なので電話しかしない方もいるかもしれません。

業務時間外に電話をくれる方も少なからずいます。

なるべくなら対応したくないですが、対応した方がいい場合があります。

私が対応するようにしている場合は以下の通りです。

  • 確認したいことがある人
  • 有益な情報を伝えてくれる人
  • どうしても急ぎで対応してほしいことがある人

「電話に出ないとそんなの分からないじゃないか」という人もいるでしょう。

その通りです。電話に出るまで、内容は分かりません。

ですが、経験を積んでいけば、だんだんと相手によってなんとなく分かるようになります

なるべく対応する電話は厳選するようにしましょう。

業務時間外はメールを見ない!

メールは電話と違い、相手のタイミングで内容を確認できるし、メールそのものがエビデンスとして残るのでとても便利です。

また、作成する際に整理しながら書くことができたり、資料が添付できたりできます。

場合によっては、電話よりも理解しやすく相手に伝わることもあります。

ただし、相手がメールを開かないと一切相手に伝わらないです。

そのため、急ぎの用事の時は、「メール+電話」で連絡が来ることが多いです。

だから、業務時間外にメールは見なくても大丈夫です。

中には、開封通知を設定して送って来る強者もいます。メールは開かない方がいいです。

さいごに

休日に仕事の電話やメールが来て、休日を楽しめていない方、モヤモヤしてしまう方に向けて、私なりのアドバイスをさせていただきました。

すべての人に当てはまる訳ではないですが、新しく発生するタスクを意識してどうするべきか考えて対応してみましょう

自分時間は、楽しく充実させて、仕事に向けて気持ちをチャージしましょう!

おわりー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA