転職

退職理由「本音と建前」

円満にそしてスムーズに退職するためには、退職理由がとても重要です。

本音を理由にすると、引き留められたり、いつの間にか退職の話がなくなってしまうこともあります。

建前の理由を準備してスムーズに退職しましょう。

「本音でも伝えない方がよいこと」「円満に退職するための建前」の2つに分けて解説していきます。

みんなの本当の辞めたい理由を知りたい方はこの記事→「仕事を辞めたい理由7選

退職理由「本音でも伝えない方がよいこと」

辞める側の気持ち的には、本音で辞めたい理由を話して、理解してもらって辞めることがベストですが、会社や上司の立場上、納得してもらえるケースは少ないでしょう。

その例としては以下のようなものがあります。

  • 人間関係
  • 会社への批判
  • 仕事への不満

人間関係

人間関係が原因で退職する人は多いです。

退職する人が多い分、「誰にでもよくあることだ」「転職しても同じように悩むかもしれないよ」「異動を検討するから残ってほしい」と説得されるのが落ちでしょう。

会社への批判

残業が多い、給料が安い等、会社の批判を理由に辞めようとすると、「待遇を改善するからしばらく残ってほしい」「仕事内容や職場の変更を検討するから残ってほしい」と言われ、退職の話はいつの間にかなくなってしまうでしょう。

仕事への不満

仕事が合う合わないを感じるのは、それぞれの性格もあるので、仕方のないことです。

しかしながら、辞める理由としてしまうと、「慣れてくれば楽しくなってくる」や「頑張って続けることで面白みが分かってくる」と説得されるでしょう。

明確に次にやりたいことが無い場合は、「他部署への異動を検討するから残ってほしい」とも説得されるのが落ちです。

退職理由「円満に退職するための建前」

円満に退職するためには、会社や上司に納得してもらえる退職理由も必要です。

基本的には、「前向きな理由」「会社として対応できない物事」が、キーワードとなります。

  • 前向きな理由
  • やむを得ない理由

前向きな理由

新しいことにチャレンジしたい等の、前向きな理由によって退職する場合は、会社や上司からの印象よく、応援して送り出してくれるでしょう。

やむを得ない理由

具体的には、親の介護や事業を継ぐために、実家に帰らないといけない。
病気やケガで職務を続けられなくなった等です。

家庭の事情や病気の場合、会社としては対応ができないため、しぶしぶですが、応援して送り出してくれるでしょう。

さいごに

円満に退職するためには、退職理由がとても重要です。

「本音でも伝えない方がよいこと」と「円満に退職するための建前」の2つに分けて解説していきましたが、いかがだったでしょうか。

前向きな理由であれば、転職活動にも利用できるので、しっかり理由を準備してスムーズに退職しましょう。

転職のおすすめサイトはこちらからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA