仕事

仕事を辞めたい理由7選

仕事を辞めたい理由7選

仕事をしていると、出勤するときやふとした瞬間に「仕事を辞めたいなぁ」「仕事したくないなぁ」と思ったりしませんか。

私もよく思ってしまいます。みんながどんなことが理由で仕事を辞めたいと思っているのか、気になりますよね。

仕事を辞めたい理由7選をまとめてみましたので、アドバイスと一緒に紹介します。

自分はどれに該当するのか考えながら読んでみてください。

また、アドバイスを読んで少しでも気持ちを整理していただけたら嬉しいです。

仕事を辞めたい理由① 人間関係

仕事はいろいろな人と関わることが多いです。

上司や先輩、後輩、同期はもちろん、顧客等多くの人と関わります。

人間にはいろいろな性格がいて、時には励まされたり、尊敬したり、支えあったりして、プラスの影響を与えてくれる存在もいますが、逆にトラブルやストレスの原因になる人もいるでしょう。

アドバイス

大前提として他人の性格は変えられないし、仕事を辞めたからと言って、必ずしも解決するとは限りません。

そのことを含めてアドバイスすると、原因となる人との接し方を見直してみましょう。

ひょっとしたら、自分に原因があるかもしれません。

もうどうしようもないときは、上司に相談してみて、部署の移動等考えてもいいのかもしれません。

仕事を辞めたい理由② 仕事が面白くない

仕事は人生にとっても多くの時間を費やすことになります。

お金を稼ぐ手段として割り切っていれば、問題はないですが、性格や能力に合わなくて面白くないと感じながら仕事を続けるのは苦痛でしょう。

アドバイス

仕事の経験がまだ浅い人は、もう少し頑張ってみましょう。

仕事に慣れてくると新たな目標ができたり、スキルも身についていくので、やりがいが生まれたり、楽しく仕事をすることにつながります。

仕事を辞めたい理由③ 労働条件

仕事をする場所や勤務時間やお金等が該当します。

特に給料については仕事に対するモチベーションに影響することが大きく、給料について疑問を感じてしまうと、どんどんモチベーションが下がってしまいます。

アドバイス

給料が安い理由を考えてみましょう。

会社の業績が悪い場合等一時的な理由もあれば、個人業績が良くないなど、自分の成績が原因の場合もあります。

もしくは、昇格や昇給することによって、解決するかもしれません。

自分の年収が気になる方は、「ミイダス」で自分の市場価値と比較してみるのも良いでしょう。

今の年収と比較して、市場価値の方が低ければ、それなりの給料をもらっていると言えるでしょう。

市場価値の方が高ければ、転職も視野に入れてもいいのかもしれません。

仕事を辞めたい理由④ 社風

社風で仕事を辞めたいと思う人も意外と多いです。

会社の社風として掲げられているものはもちろん、独自に決められているルールも社風の一部と言えるでしょう。

アドバイス

まずはその社風の目的を理解することをしてみましょう。

目的が分かれば取り組む姿勢が変わることもあります。

仕事を辞めたい理由⑤ 評価

自分への評価が正当でないと感じてしまうと、だんだんとモチベーションも下がり、会社を辞めたいと考えてしまうでしょう。

アドバイス

まずは評価している上司に自分に足りない点を聞いてみましょう。

自分に足りない点が見えてくることもあります。

相談ができない人は、周りの人と客観的に比較してみましょう。

自分で過大に評価していると適正な判断ができないので、冷静に比較することが重要です。

注意したい点としては、「評価≠努力」「評価=成果」である点です。

がんばったから評価が高いとは限らないとういことです。

それでも不満が残るのであれば、評価をする側の問題があるかもしれません。

どうしても納得できない場合は、部署異動や転職を考えてもいいかもしれません。

ただ、異動や転職したからと言って解決できるとは限りませんのでよく考えましょう。

仕事を辞めたい理由⑥ 将来性

会社の経営状況や景気、今の時期で言えば新型コロナウイルスの影響によって、将来性に心配になることがあります。

将来性が感じられなければ仕事に対するモチベーションも下がり、他の会社に転職したいと考えるでしょう。

アドバイス

ピンチはチャンスだと思って自分にできることを積極的にこなしていきましょう。

積極的に仕事を行うことにより、周りのモチベーションを上げることができます。

また、同じような気持ちを持った人たちも味方になっていつも以上に成果が出ることがあります。

加えてリーダシップが身に付いたり、周りから高い評価を得ることができるでしょう。

仕事を辞めたい理由⑦ 働きたくない

誰もが一度は思ったことがあると思います。

アドバイス

原因となるものがきっとあるはずなので、冷静に自分自身を分析してみましょう。

精神的なことであれば、休暇を取ったり、病院に行ってみるのもよいでしょう。

もしくは、ただ働きたくないと考えているなら、不労所得を得ることも視野に入れておきましょう。

さいごに

仕事を辞めたい理由7選を紹介しました。

自分が該当するものはありましたでしょうか?

アドバイスが役に立っていただけると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA